人生が楽しくなる幸せの法則 動画配信情報!!

人生が楽しくなる幸せの法則 の最新話は、放送後一週間のみTverと、ytv MyDo!なら無料で観れます!

 

物語を繋ぐもう一つのドラマ”チェインストーリー”はGYAOで観ることができます!(毎週木曜よる12時54分配信開始)


 

《相関図》
人生が楽しくなる幸せの法則
人生が楽しくなる幸せの法則

画像引用元:日テレ 人生が楽しくなる幸せの法則

 

《ストーリー》
第1話 2019年1月10日(木)よる11:59〜
ジャストライト物産の総務部に勤める中川彩香(夏菜)は人目ばかり気にして、思ったことを口にもできない性格。そのせいか、影が薄く、憧れの営業企画部の佐久間涼太(和田琢磨)からも、「中島さん」と名前を間違えられてしまうなど、まったく存在感のない生活を送っていた。
 一方、同じ総務部の木原里琴(高橋メアリージュン)は、今日も営業企画部の森一哉(忍成修吾)と言い合っていた。森が、いつも500部発注するカタログを5000部で誤発注してしまったのだが、「いつも500で頼んでんだから、『今回多くないですか?』くらい、聞いてくれてもいいだろ!」と森が文句を言うと、「そちらの指示通りにやったまでですが!?私が、間違ってるとでも!?」と容赦なくピシャリとはねつける里琴。
 昼になり、彩香は社員食堂で、大好きな「牛丼」の食券を買うために、自販機と格闘する。「牛丼」の発券ボタンが壊れているのだ。なんとか牛丼を手に入れた彩香が食堂を見回すと、華やかな女性社員たちでにぎわう片隅に、地味な里琴と皆本佳恵(小林きな子)がひっそりといるのが目に入り、迷わず里琴と佳恵の方に交じる。その佳恵は受付嬢たちをさんざんディスったり、彩香や里琴に上から目線で「恋はした方がいいよ」と説教し、彼氏がいることを何かとアピールするのだった。
 その彩香、里琴、佳恵の三人は、ある日の新年会で、二次会に行く社員たちに置いてけぼりにされる。その彩香たちが「帰りますか……」とトボトボと行こうとすると、空に一筋の流れ星。思わず彩香は「佐久間くんともっと会話ができますように!」と、里琴は「私の足を引っ張る人間が、いなくなりますように!」と、佳恵は「結婚結婚結婚、金金金、結婚、金、金、金!」と願掛けをするのだった。だが、その時、「その願い事、無理じゃないかなあ……」と謎の声がする。「え?!」と三人が空を見上げると隕石が落ちてきて閃光に飲まれてしまう。そして目覚めると、異空間にいて、目前に、“ちょうどいいブスの神様”(山アケイ(相席スタート))が現れるのだった。
 混乱する彩香たちに、「ようこそ。生きづらいあなた達を見てたら、いたたまれなくなって思わず手を差し伸べたくなったの。でも、あなたたちのさっきの願い、今のままじゃ絶対に叶わないわよ」と神様。「それは困ります!」と彩香。「だったら、今の自分を変えないと。でも安心して!私についてくればあなた達は必ず幸せになれます!あなた達は今日から“ちょうどいいブス”を目指すのです」と神様。
 だが、「ブスだなんて変な言いがかりつけないで!」と里琴。「ブスって容姿のことじゃないの。あなた達は生き方がブスなのよ」と神様。
 そして神様は、全宇宙の情報を管理するコロンブス君に指示し、本音ビジョンで彩香たちに現実を見せてやる。それは彩香たち人間の本音が映像化されたもの。それによると、彩香は、同僚の小松太一(遊佐亮介)が、ただ影の薄い彩香を気遣って声をかけているだけなのに、「小松さんは私に気がある」と思い込み、小松にそっけない態度をとっていたのだった。そんな勘違いをするくせに、本命の涼太には話しかけることすらできない彩香。「思い込みが激しいくせに、自分の意思を口にする勇気もない。そんなあなたは“自己表現下手くそブス”!」と神様。
 一方、里琴については、森や上司らの里琴に対する本音が投影され、「木原って、可愛げがない」「いつも上から目線」「要するに面倒臭いヤツ」と酷評ざんまい。「あなたは“融通の利かないブス”!このままいったら、あなた、恋愛も仕事もプライベートも全て破綻して、行きつく先は孤独死よ!」と神様。
そして佳恵については「あなたは“開き直りブス”!自分のことを棚に上げて他人の悪口が大好物。いわゆる性格ブス!」と神様。「でも彼氏いるし!」と佳恵。「彼氏がいると言えばブスが許されると思ったら大間違い!」と神様。 「まずは自分たちがブスであることを認めて。そうすることで初めて幸せのスタートラインに立てるの!」と神様。
そして神様は彩香たち三人に長い旅へのパスポートならぬ「ブスポート」を渡すが……、「いるかあ!こんなもん!」とはねつける三人。
 気付くと彩香たちは元の道に戻っていた。「幻覚だったの?」と彩香、里琴、佳恵。だがそれから、彩香の頭から「ちょうどいいブスの神様」のことが離れない。「あんな神様の力を借りなくても自力で幸せになる」と言っていた里琴も、上司の吾妻博和(徳井優)から、「君に対するクレームがたくさん来てて」と注意されて凹む。「彼氏いるから大丈夫」と言っていた佳恵も、恋人をつないでいるのはお金のおかげと悟っていて……。
 ある日の彩香は、「そうだ、人目を気にしてカッコつけることはない!」と、退屈な社内向上委員会という会議で「牛丼の自販機、直してください!」「社長!会議が長すぎてみんなうんざりしてます!」と思い切って意見を言ってみる。するとそれが社員たちに大好評。憧れの涼太も「中川さんってもしかして僕と同じ高校だったんじゃ……」と彩香のことを思い出してくれたのだった。
 その夜、彩香、里琴、佳恵は流れ星と遭遇した道にやって来た。すると頭上に光り輝くブスポートが現れる。「私たち、ちょうどいいブスになります!」とそれを掴もうと飛びあがる彩香たち。
 すると、ドレスアップした神様のもとへ着地した。「やっと覚悟が決まったようね、おかえり。ブス達」と神様。その神様を見て、「あんたもね!!」という彩香たちで……

 

引用元:日テレ 人生が楽しくなる幸せの法則

 

《キャスト》
■中川 彩香 / 夏菜
■木原 里琴 / 高橋メアリージュン
■皆本 佳恵 / 小林 きな子
■ちょうどいいブスの神様 / 山アケイ(相席スタート)
■佐久間 涼太 / 和田 琢磨
■鴨志田 萌 / 佐野 ひなこ
■森 一哉 / 忍成 修吾
■松澤 初美 / 伊藤 修子
■吾妻 博和 / 徳井 優
■神原 重吉 / 田山 涼成

 

《スタッフ》
■脚 本 / 武井 彩ほか
■監 督 / 植田泰史ほか
■音 楽 / 仲西 匡、羽深 由理
■チーフプロデューサー / 前西 和成
■プロデューサー / 沼田 賢治、村本 陽介(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)、大沼 知朗(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)、森安 彩(共同テレビジョン)
■制作プロダクション / 共同テレビジョン
■制作協力 / 吉本興業
■制作著作 / 読売テレビ