いつかこの雨がやむ日まで 動画配信情報!!

いつかこの雨がやむ日までの最新話は、放送後一週間のみTverと、FOD(フジテレビオンデマンド)なら無料で観れます!

 

無料期間も見逃してしまっても、FOD(フジテレビオンデマンド)を初めて利用する人は1ヶ月無料で見放題できるFODプレミアムで観ることができます。

サービス名 視聴料金 月額 無料体験
FODプレミアム

見放題

888円(税抜)/ 月 初回1ヶ月

 

初回一ヶ月の無料トライアルはこちらから
↓↓↓

 

 

FOD 4つのポイント

1.人気雑誌の最新号が読み放題!

FODプレミアム会員になると、人気雑誌の最新号が追加料金なしで読み放題できます!便利な専用アプリや、PCでも読むことができます。


2.電子書籍が全作品ポイント還元!

FODプレミアム会員になると、電子書籍の購入に利用したポイントから一律20%分のポイントが還元されます!

 

3.対象のマンガが無料で読める!

FODプレミアム会員になると、毎月更新される対象のマンガが無料で読めます!

 

4.8の付く日にポイント大量ゲット!
毎月8の付く日(8日、18日、28日)にFODプレミアム会員だけ400ポイントがもらえます!

 

毎月、最大合計1,200ポイントをゲット可能!

さらに

FODプレミアムに登録していると、ボーナスとして毎月100ポイントももらえます!

 

8の付く日キャンペーンと合わせると、もらえるポイントは、毎月1,300ポイントとなります!

 

以上、FOD(フジテレビオンデマンド)内より
※本ページの情報は2018年7月時点のものです。最新の配信状況はFODサイトにてご確認ください。

?

 

相関図

 

ストーリー

15年前、仲の良い幼馴染の少女と少年がいた。

少女はミュージカル女優を夢見、少年は家業である料理人になることを夢にしていた。
そんな中、とあるミュージカル劇団の女優が殺害される事件が起きる。
殺人犯として逮捕されたのは少女の兄。
この事件で、少女は“加害者の妹”に、少年は“事件の目撃者”になった――

 

15年後――
北園ひかり(渡辺麻友)は15年前の事件以降、殺人者の妹として、未来に1ミリの希望も抱かず、幸せになることを諦めて生きていた。
場末のキャバクラ勤めが、ひかりのメインの仕事。子供の頃の笑顔を封印し、死んだ魚の目で働くひかり。家に帰れば、引きこもりの母・由布子が待っている。仕事も家事もまともにできない母は、ひかりに依存し、ひかりだけを頼りに生きていた。
そんなひかりが唯一、心を解放できるのがミュージカルをやっている時だった。稽古中は嫌なことをすべて忘れられる。ミュージカルだけがひかりの心の拠り所だった。

 

そんなある日、ひかりは幼馴染の谷川和也と再会する。
和也は実家の料亭『たにがわ』で、板前として働いていた。老舗料亭の後継ぎとして父親からも期待され、結婚を前提に付き合っている恋人もいた。順風満帆な日々。犯罪者の家族の自分とは住む世界が違う・・・・・・そう痛感するひかり。ひかりは寂しく和也に告げる。
「あなたが知っているひかりはもういない」

 

そんな中、兄の國彦の出所が決まる。弁護士から連絡を受けたひかりは刑務所の外で國彦を待ち受けた。迎えにきたのではなく、別れを告げるために。しかし、ひかりはそこで國彦から衝撃の告白を受ける。
「俺は無実だ」
兄の言葉が信じられないひかり。もし、冤罪なのだとしたら、自分は犯罪者の妹ではなくなる。15年間、息を潜めるように生きて来た闇の世界から、抜け出せるかもしれない・・・。でもだとしたら何故兄は15年もの間、無実を訴えなかったのか。真実を知りたくなるひかり。しかし、國彦はそれ以上は口を閉ざし、行方をくらましてしまう。 

 

一方、和也はひかりが15年もの間、抱えてきた苦しみを感じていた。かつて交わした「ある約束」を思い出す和也。自分に何かできることはないのか。ひかりのために動き出そうとする和也。しかし、そんな思いもむなしく、ひかりが所属する劇団で新たな事件が起きてしまい・・・・・・

 

 

1話 2018/8/4放送 雨の中の殺人
15年前に兄・國彦(桐山漣)が殺人犯として逮捕され、“犯罪者の妹”として生きてきた北園ひかり(渡辺麻友)。事件以来、精神が不安定な母・由布子(斉藤由貴)を支えながら、キャバ嬢として働く一方、ミュージカル女優になるという夢を追い劇団で稽古に励んでいた。そんな中、國彦が逮捕される原因を作った幼なじみの和也(堀井新太)と偶然再会。さらに刑務所を出た國彦から思わぬ言葉を聞くことに。「俺は無実だ。殺してない」ひかりの運命が妖しく蠢き始める――

 

2話 2018/8/11放送 血塗られたジュリエット
ひかり(渡辺麻友)の兄・國彦(桐山漣)が劇団女優の舞子(紺野まひる)に接触した直後、舞子は謎の死を遂げる。劇団員たちが動揺する中、劇団ウミヘビの主宰・天竺(吹越満)はひかり(渡辺麻友)の兄・國彦(桐山漣)が劇団女優の舞子(紺野まひる)に接触した直後、舞子は謎の死を遂げる。劇団員たちが動揺する中、劇団ウミヘビの主宰・天竺(吹越満)は「ロミオとジュリエット」のジュリエット役にひかりを指名し、公演の続行を宣言。突然の抜擢にひかりは戸惑う。一方、ひかりを心配する和也(堀井新太)の前に國彦が現れる。「15年前のあの日、何か見なかったか?」國彦に聞かれた和也は・・・・・・「ロミオとジュリエット」のジュリエット役にひかりを指名し、公演の続行を宣言。突然の抜擢にひかりは戸惑う。一方、ひかりを心配する和也(堀井新太)の前に國彦が現れる。「15年前のあの日、何か見なかったか?」國彦に聞かれた和也は・・・・・・

 

3話 2018/8/18放送 救われぬ魂・・・約束の抱擁
警察が舞子(紺野まひる)の不審死の件で國彦(桐山漣)を追っていることを知り、稽古に集中できないひかり(渡辺麻友)。一方、状況を知った和也(堀井新太)はひかりを案じる。そんな和也に、父の純一(橋爪淳)は「森村家とは関わるな」と冷たく言うが・・・・・・そんなある日、沙耶(筧美和子)が密かにひかりの家を訪ねてくる。由布子(斉藤由貴)からひかりと和也の過去の関わりを聞き出す沙耶。そこでひかりが殺人犯・森村國彦の妹だと知ってしまい・・・・・・

 

4話 2018/8/25放送 罠と秘密・・・縛りつける女
思い出の場所で和也(堀井新太)と気持ちを通わせたひかり(渡辺麻友)。國彦(桐山漣)の無実を信じたいという和也の言葉に勇気をもらい、再び劇団に戻る。しかし、そんなひかりの思いも空しく、國彦は千尋(星野真里)に匿われながら復讐に突き進もうとしていた。15年前の事件に関わるある男の存在に気付く國彦。闇に紛れ、その男に接近するが・・・・・・そんなある日、母・由布子(斉藤由貴)に外食に誘われるひかり。出かけた先にいたのは・・・・・・嫉妬に狂い始めた沙耶(筧美和子)だった。

 

5話 2018/9/1放送 男と女・・・一線を越える夜
「ロミオとジュリエット」のゲネプロ中にまたも事故が起こり、芽衣(宮澤エマ)が負傷、劇団は一時休止になってしまう。事故に國彦(桐山漣)が関わっているのではと不安になるひかり(渡辺麻友)。一方、和也(堀井新太)が働く「たにがわ」では、和也の兄・幸一郎(間慎太郎)が金銭トラブルを起こし経営の危機に。奔走する和也だったが、付き合いの深い農園経営者・原田(鶴田忍)からも突き放されてしまう。それを知ったひかりは、ある意外な行動に出るが・・・。

 

6話 2018/9/15放送 闇に堕ちるジュリエット
ついに結ばれたひかり(渡辺麻友)と和也(堀井新太)。和也は、沙耶(筧美和子)との別れを決意するが、沙耶は微笑みを浮かべながら「あなたは必ず私のもとに帰ってくる」と告げる。一方、千尋(星野真里)の家に身をひそめる國彦(桐山漣)は天竺(吹越満)に疑惑の目を向け始めていた。そんな中、ひかりに転機が訪れる。天竺から改めてジュリエット役を振られるひかり。殺人犯の妹として全てをさらけ出す覚悟を問われたひかりは・・・・・・。

 

7話 2018/9/22放送 やまない雨・・・狂気と絶望
「全てを捨てろ。その先に見えるものがジュリエットの絶望だ」天竺(吹越満)の言葉に、ひかり(渡辺麻友)の目に狂気が宿る。そんな中、兄の國彦(桐山漣)が階段から転落し、意識不明で病院に運び込まれたと母・由布子(斉藤由貴)から連絡が入る。眠り続ける兄を前に思わず笑みを浮かべてしまうひかり。一方、和也(堀井新太)は沙耶(筧美和子)から妊娠したと告げられる。「和也さんが決めて。私とこの子を取るか、それともあの人を取るか」沙耶の言葉に懊悩する和也で・・・・・・。

 

8話 2018/9/29放送 真相・・・最後の約束
天竺(吹越満)に導かれジュリエットの狂気に堕ちたひかり(渡辺麻友)。そんなひかりの目の前でさらなる悲劇が起こる。一方、和也(堀井新太)は沙耶(筧美和子)との結婚に向け動き始めていた。そんな中、ふとした偶然によって15年前の記憶が呼び覚まされる。その頃、剛田(木村祐一)は千尋(星野真里)に会いに来ていた。事件の真相は?果たして真犯人は誰なのか・・・!?呪われた「ロミオとジュリエット」の幕が今まさに開こうとしていた・・・!!愛と狂気のラブサスペンス、衝撃の最終回!

FOD内 いつかこの雨がやむ日まで より

いつかこの雨がやむ日までのドラマを動画で観る

 

《キャスト》
渡辺麻友
堀井新太
吹越満
筧美和子
宮澤エマ
星野真里
桐山漣(※さんずいに点1つのしんにょうの漣)
木村祐一
斉藤由貴

スタッフ

脚本/橋麻紀
佐藤奈央 ほか
演出/金子与志一(テレパック)
雫石瑞穂(テレパック)
音楽/サキタハヂメ
企画/横田誠(東海テレビ)
プロデューサー/松本圭右(東海テレビ)
渋谷未来(テレパック)
井上季子(テレパック)
制作著作/テレパック
制作/東海テレビ放送

 

《公式サイト》
http://tokai-tv.com/itsuame/